家族葬で父親を見送った経験について

私の父親はだいぶ前に他界してしまったのですが、その際の葬儀は本人が希望していた家族葬を選択しました。

今回は実際に家族葬を選択した経験やそれを踏まえて感じたことについて色々と書きたいと思います。

家族葬を執り行うこと自体は本人の希望なので特に気にはならなかったのですが、どの範囲まで連絡すればいいのかという点について家族全体で悩むことになりました。

幸い生前に父親が誰に連絡して欲しいのかしっかりと書面にまとめておいてくれていたので、それを元に対応することができましたがもし無かったら相当悩むことになっていたと思います。

それを踏まえると家族葬を希望するのであれば、どの範囲まで連絡して欲しいのか伝えておく必要があるなと感じました。

実際に家族葬を行ってみた感じとしては参列者が少ないので遺族側としては負担が少ないと感じられ、落ち着いた気持ちで故人を見送ることができたと感じています。

そういった負担の少なさは他の葬儀方法よりも良いと感じているので、将来的にもし自分が亡くなったら家族葬も悪くないかなと感じました。