つい先日、祖母を亡くしました。

僕の家は母子家庭で、働きに出ている母の代わりに、祖母が僕の身の回りの世話やご飯などを小学生ぐらいの頃から15年ぐらい面倒を見てくれた、実質母親とも言える存在でした。

その祖母が先日亡くなりました。

 

あまり目立つことが嫌いだった祖母の意向を汲んで、葬儀は家族葬だけで済ませることに決めました。

身内だけでの葬儀でしたので、気を使うこと無く、祖母との思い出を久しぶりに集まった一族で存分に語り合い、涙を流すことが出来ました。

 

僕の人生で葬式というものは初めてだったのですが、人が亡くなり、骨になるまでの間の期間というのは本当に一瞬で終わってしまい、気持ちの整理が追いつかなかったというのが正直な感想です。

先週までは話してた家族があっという間に骨だけになってしまった事にまだまだ気持ちが追いついていかないのです。

 

でも、家族葬で本当に良かったと思います。
人徳のある祖母でしたので、葬儀に参列したい方は多かったでしょうし、その方たちには申し訳なかったのですが、家族全員の仲が良いことが祖母の何よりの願いでしたので、それを最後の最後まで見せれることが出来たので本当に良かったと思います。

 

そろそろ祖母の四十九日も終わり、お墓に入る日が近づいています。
そこで、本当に祖母とはお別れになります。

その時に、「僕はもう大丈夫だよ、ありがとう、妻と子供を一生懸命大切にするから天国で幸せに過ごしてね」としっかりと伝えるつもりです。

PR|大阪の斎場なら