お葬式は亡くなった方を弔う大切な儀式です。遺族は深い悲しみの中で慣れない儀式を執り行います。葬儀についての基本的な流れと手順は以下のようになります。ご臨終の後にはご遺体をお迎えします。寝台車でご自宅や安置室へご搬送します。ご遺体は北枕で仏間もしくは座敷に安置します。次に喪主や親族と葬儀社とで葬儀の打ち合わせと準備を行います。納棺の儀式は、お通夜の前に親族で集まって故人の旅支度に立ち会います。続いてお通夜では、親族や知人たちが故人との別れを惜しんで一緒に過ごします。最近は夕方に弔問客を迎えて、通夜振る舞いのお席でお食事をする場合もあります。葬儀ならびに告別式を執り行います。喪主より参列者の方への御礼の挨拶の後、火葬場へ向けて出棺を行います。火葬場で焼香をして、納めの儀式を行います。火葬を終えたあとは遺骨を骨壷に収めるお骨上げを行います。初七日法要は最近では、お葬式の当日に一緒に行う地域が増えています。葬儀の後自宅に安置していたご遺骨をお墓に収める四十九日の法要を執り行います。