故人の好きな音楽が流れていた

この前、家族葬で行われた葬儀に参加をしてきて、いろいろなことを思ったことがあります。それはまず、とても高い葬式であっただろうと思うのです。その祭壇からして、そんなふうに感じることがありました。そんな大きな祭壇は見たことがないという、それほどの大きなものだったからです。写真についても、ごく自然な感じの故人のものであり、とても感動しました。数回しかあったことがありませんが、とてもいい人だったので、その写真を見て思い出すことがたくさんありました。写真というのは、よく葬式用として撮影をすることがあるようですが、その人のものも多分そんな感じで撮影をされたものだろうと思っています。
また、その葬儀の時に感動したのはなんと言っても故人が大好きだった音楽が流れていたことです。その葬式では、そんな風に音楽が流れているのは初めてだったのでびっくりしたのです。そんな流れる音楽の中で、故人をお見送りすることができて、こちらも温かい気持ちになりました。