【いつ贈るといいの?】お悔み電報の送り方

親せきや会社関係の知人が亡くなったとき、大阪での通夜、お葬式に出席しましたが、電報を送るべきか悩むときがあります。いつ贈るのが良いタイミングなのか、お悔み電報のマナーについてご紹介します。

◇いつ贈る?お悔み電報

不幸の便りを知ったらできるだけ早く電報を送るようにしましょう。告別式の席で司会者が読み上げることも多いため、遅くとも告別式が始まる前には必ず届くように送ります。

◇どんな言葉を選んだらいいの?

何と送れば良いか分からない場合は、電報会社の用意しているフォーマットを利用するのもひとつの得策です。
オリジナルで作成する場合は「忌み言葉」と呼ばれる不幸を連想させるフレーズは決して使わないこと。苦しむ・重ね重ね・ふたたびなどは、絶対に使ってはいけない言葉です。

◇料金の目安は?

弔電の多くが3千円~5千円のタイプが主流となっています。相手との関係性を考えて、恥ずかしくない弔電を送っておくことが望まれます。
最近では飾ることもできる、ブリザーブドフラワーとセットになっているタイプも人気です。